企業も受講者も幸せにする
企業研修講師養成「藤咲塾」

社労士などの士業の方、セミナー講師の方、企業内研修担当の方、ぜひご参加ください!

1day
開催中!

ココが違う!ペライチと他サービスの比較

企業研修講師として成功できるかどうかの最大の要素は、企業のニーズに合ったカリキュラムを持っていること、そして、受講者のモチベーションを上げながら教えることができるスキルを持っていることです。

そのコツとエッセンスを藤咲塾1Dayセミナーでお伝えします!

目指して欲しいのは、
   『受講者は、もちろん、自分自身も幸せな研修講師』です。

私は、これまで延べ15万人を教えてきました。
その体験から、企業研修で必要とされているカリキュラムを、シンプルで分かりやすく教えるノウハウをあなたに提供いたします。
どのカリキュラムにも、楽習メソッドを取り入れています。
そして、愛とまごころと感謝がカリキュラムの底流に流れているので、教えている講師も幸せに成功できるのです。1Dayセミナーで体験してください。

<楽習メソッドとは>
楽習メソッドとは明るく、笑いがあり、出会いがあり、動きがある教育方法です。
主役は受講生です。受講生が「気づき」「学ぶ」ことにより、笑いを持ち、お互いの理解を深めあい、成長することができます。

 

社労士など士業の方、新しいカリキュラムを学びたい研修講師やコンサルタントの方
とくにこのような方にお役に立てます

  •  受講者を幸せにして自分も幸せになりたい方
  •  受講者に夢と希望を与えたい方
  •  企業のお客様(顧問先)があって企業研修講師経験(講演も含む)がある人
  •  企業研修のカリキュラムを増やしたい方
  •  パワーポイントを使った講義や講演型の企業研修にマンネリを感じている方 明るく楽しい研修の場づくりを学びたい方
  •  明るく楽しい研修の場づくりを学びたい方
  •  1つの企業様と長く企業研修の継続をしていきたい人
  •  単発の研修でなく、研修顧問として年間での企業研修を受けたい方
  •  褒める・認める・感謝するという「理念」に共感できる人
  •  受講者を幸せにして自分も幸せになりたい方

このような方にはお役に立たない内容です
※どれか1つでも該当する場合には、お役に立つことはできませんので、お申込みはご遠慮下さい。

  •  受講者が満足しなくても、研修の売上だけを上げれば良いと思っている方
  •  一歩ずつ学ぶことが嫌いで、簡単にすぐにできる方法を学びたい方
  •  受講者と企業様の幸せを考えていない方
  •  向上心のない方
  •  “愛・思いやり・感謝”とは縁のない方
  •  家族を大切にしていない方
  • 企業ではなく個人を対象に研修講師をしたい人(*学んだコンテンツは個人対象に利用することはできません)
  •  企業研修講師としての体験が全くない方
  •  商工会議所などの講演で使うカリキュラムを仕入したい方(商工会議所などの講演でカリキュラムを使うのは禁止しています。)
  •  藤咲塾の講師の心構えに共感できない人
  •  受講者が満足しなくても、研修の売上だけを上げれば良いと思っている方

藤咲塾講師の心構え

私は、相手を明るく元気にすること、夢や希望を与えることを常に考えて、受講者に接します。具体的には、『ねぎらい、共感、好意的感嘆、笑顔、激励・応援、承認、良い点の指摘、プラスの可能性の示唆、感謝』などを活用します。
●受講者に接する心構え10ヶ条
★受講者に思いやりを持つ
★受講者に笑顔と優しいまなざしを持って接する
★受講者をかけがいのないくらいに大切に思う
★受講者を応援する
★受講者の気持ちになる
★受講者がうまくいかなかったとしても頑張ったことを褒める
★受講者を明るく元気にする
★受講者の未来に希望や夢を与える
★受講者と一緒にいることを楽しむ
★受講者に感謝の気持ちを持つ

●藤咲塾の特徴
1、研修のカリキュラムとレッスンプログラムを事前に見ることができるので、予習ができます。
2、レッスンプログラムを使った講義を体験できるので、自分でもイメージトレーニングができます。
3、五感を使った楽習実習を数多く学んで、研修中の受講者のやる気を引き出すことができる方法を学ぶことができます。
4、習慣化の方法を学んで、受講者の研修の効果を上げることができます。
5、企業研修のリピートを取るコツを学ぶことができます。
6、藤咲塾では一生を通して切磋琢磨していける仲間ができます。

●このセミナーは、次のような方が受講されています。
Q.どんな職業の人?
社会保険労務士(ダントツに多いです!)などの士業の方、研修講師、コンサルタント、等
Q.なぜ学びに来られたのですか?
・すぐに使えるカリキュラムが欲しかった。
・研修で受講者の「やる気」を引き出す方法を知りたいから。
・今の仕事で企業研修も顧問先に提案して「単価アップ」をしたかったから。
・藤咲先生のFBの投稿を見て、こんな楽しい研修をやってみたいと思った。

藤咲塾第0期生の声